美味しさを保つお茶の保存方法

当園は東京・神奈川を中心に、お茶試飲・販売を行っています。
こちらでは、お買い求めいただいたお茶の美味しさを保つ保存方法をご紹介します。

お茶はとてもデリケート

お茶はとてもデリケート

お茶は乾燥しているので劣化しにくいと思われがちですが、実は些細な要因で変質するほどデリケートです。

お茶が劣化する原因は、高温多湿・光・においなどが挙げられます。例えば、直射日光があたる窓の側、湿気の多い流しの近くなどに保管すると、すぐに香りや味が損なわれてしまいます。

品質を保つためにも、保管場所には注意しましょう。

最適な保管場所は?

お茶の品質を保つのに最適な保管場所は、劣化要因が少ない冷暗所です。

日が当たらず、湿気が少ない冷暗所に保管してください。また、開封後は外部による影響を受けやすくなっているので、湿気や光、匂い移りによる劣化を防ぐためにも、密封性・遮光性のある容器に移すのがおすすめです。

袋のまま保管する場合は、酸素が触れる面積を少しでも減らすために、閉じる際にその都度なかの空気を押し出して口を閉じてください。

長期保存するときは?

お茶は鮮度が良いほど、お茶ならではの味や香りを楽しむことが出来ます。

そのため、出来れば短期間で飲める量を定期的に購入するのがおすすめです。もし大量にお茶を購入した場合は、冷蔵庫で保存する方法があります。保存する際は、他の食品のにおいが移らないようにラップやビニール袋などで包んでから保存するのがおすすめです。

開封する際は冷蔵庫から出したあと、常温に戻るまで待ちましょう。
冷えた状態で開封すると温度差により、結露が生じてお茶の品質が損なわれます。
また、開封したものを保管すると他の食品のにおいが移ることがあるため、冷蔵庫での保管は未開封のものだけにしましょう。

当園は静岡茶の製造・販売を行っている専門店です。
東京や神奈川を中心に移動販売をしており、オンラインショップでも当園自慢のお茶を販売しています。移動販売、オンラインショップでは、煎茶や玄米茶など様々な種類のお茶を取り揃え、贈り物にも最適なギフトセットもご用意しました。贈答品やご家庭で飲むおいしいお茶をお探しなら、ぜひ当園の移動販売やオンラインショップをご利用ください。

Copyright© 2014 静岡茶・金谷茶 まるさ佐京園 All Rights Reserved.