ギフトにお茶が選ばれる理由

結婚祝いや出産祝いなどお祝いの際に贈るギフトには、様々な種類があります。
そのなかでもお茶贈り物の定番です。昔も今もギフトにお茶が選ばれるのには理由があります。

「健康で長生きしてほしい」という気持ちを伝える

「健康で長生きしてほしい」という気持ちを伝える

日本には茶寿(ちゃじゅ)という108歳の長寿のお祝いがあることをご存じでしょうか?

「茶」の文字に使われている草冠は昔の文字で十と十で二十、下の文字は分解すると八十八になり、それらの数を合計すると百八になります。

このことから、108歳のお祝いが茶寿と名付けられたとされています。

また、お茶にはカテキンやビタミンCなど健康に良いとされる成分が豊富に含まれていることは有名です。健康は日々を楽しく過ごすために欠かせません。長寿祝いにも関係があり、健康成分が豊富なお茶を贈ることで、「いつまでも健康で長生きしてください」という気持ちを伝えることが出来ます。

お茶は縁起物

お茶は縁起物

地域によって、お茶は結納品や内祝いの定番です。
お茶に使用されている茶の木は、一度植えると他の土地に植え替えしても育ちにくい性質を持ち、絡みあうように根を張ることから、「結婚後は嫁ぎ先に根付いて、夫婦仲良く過ごせますように」という願いが込められているのです。

また、お茶の木はどのような環境でも育つ丈夫で長生きする木なので「困難に負けず健やかに暮らせますように」という意味や、芽を摘んでもまた芽がでることから「お芽出たい(おめでたい)」という意味があり、縁起物とされています。

相手の幸せを願う気持ちが込められ、縁起物であることから、お茶は贈答品として選ばれるのです。

当園は東京や神奈川のマルシェにて自家農園で育成・製造したお茶の移動販売をしています。
移動販売ではお茶の淹れ方のポイントなどをお伝えしており、試飲も可能です。販売しているお茶は深むし茶や煎茶、玄米茶などを取り揃え、ギフトセットもご用意しました。また、移動販売だけではなくオンラインショップでもお買い求めいただけます。ぜひ丹精込めて仕上げた当園自慢のお茶をお召し上がりください。

Copyright© 2014 静岡茶・金谷茶 まるさ佐京園 All Rights Reserved.