深むし茶の特徴

深むし茶とは?

日本茶は栽培方法や製造工程などの違いによって、煎茶や玉露など様々な種類のお茶になります。
その中でも広く飲まれているのが煎茶で、深むし茶は煎茶の一種です。お茶は蒸す・揉む・乾燥の製造工程で作られ、最初の蒸す工程を煎茶よりも長くして作ったものを深むし茶と呼びます。

深むし茶の特徴とは?

深むし茶の特徴とは?

見た目

一般的な日本茶の葉は、針のような形をして綺麗な深緑色をしています。一方で深むし茶は、蒸し時間が長く茶葉が柔らかくなっているため、端が砕けて丸みを帯びており、粉状になっているものが多いです。

深むし茶の茶葉は粉っぽいですが、味や香り、色は格別です。長く蒸されたことで渋みや苦味が軽減され、飲むと渋みが少なくまろやかな味が広がります。そして、誰でも簡単においしく淹れることができるお茶です。

成分

お茶にはカテキンやビタミン、カフェインなど様々な成分が含まれています。
どのお茶にもこれらの成分は含まれていますが、淹れる際にすべての成分は抽出されません。
一般的なお茶は淹れる際に大半の成分が茶葉に残ってしまうのです。

しかし、深むし茶は茶が砕けて粉状になったことで含まれる成分が抽出しやすく、茶葉に含まれる成分そのものを効率よく摂取できます。普段は茶葉に残ってしまうβカロテンや食物繊維、ミネラルなども摂取できる深むし茶は健康が気になる方に最適なお茶です。

当園は自家農園で栽培・収穫・製造した静岡茶を、東京や神奈川のマルシェにて出張販売試飲を行っています。その年の新芽のみを使用した静岡茶で、新鮮さと甘い香り、深い味わいをお楽しみいただける丹精込めて仕上げた当園自慢のお茶です。

当園の静岡茶は出張販売先だけではなくオンラインショップでも販売しており、深むし茶や煎茶、玄米茶などを取り揃えました。また、贈り物に最適なギフトセットも取り扱っています。農家直送のおいしいお茶をお探しなら、ぜひ当園の出張販売やオンラインショップをご利用ください。

Copyright© 2014 静岡茶・金谷茶 まるさ佐京園 All Rights Reserved.