お茶の種類について

東京・神奈川のマルシェにてお茶試飲販売を行っている当園では、様々な種類のお茶を販売しています。こちらでは、当園で販売しているお茶の特徴をご紹介いたします。

煎茶

煎茶

煎茶は日本のお茶の代表格で、国内でもっとも多く飲まれているお茶です。

新芽を摘んでからすぐに製造されており、爽やかな味と香り、お茶特有の甘みや渋みを楽しめます。

淹れる際の湯温によって甘みや渋みの割合が変わるのも、煎茶の魅力といえるでしょう。

玄米茶

炒った玄米をほうじ茶や煎茶と同じ比率で混ぜたものが玄米茶です。
玄米を混ぜているので他のお茶よりもカフェイン量が少なく、お子様やご年配の方も安心して飲むことが出来ます。また、お茶と玄米の成分を同時に摂取出来るのも特徴です。香ばしい香りと成分豊富な玄米茶は、心と体の疲れを癒やしてくれることでしょう。

くき茶

煎茶や玉露を製造する過程ででた茎部分を集めて作ったお茶です。
使用したお茶の品質によって香りや味が変わり、とくに高級な玉露の茎で作ったくき茶は「雁が音(かりがね)」「白折(しらおれ)」とも呼びます。葉を使った他のお茶にはない茎特有の香りと、爽やかでコクのある味わいが特徴です。

ほうじ茶

番茶や煎茶をきつね色になるまで強火で炒ったお茶です。
茶葉を炒ることで渋み成分やカフェインが減るため、お子様やご年配の方、妊婦さんも安心して飲むことが出来ます。

また、茶葉には多くの芳香成分が含まれており、焙煎することにより芳香成分が解放されるのです。

お茶の香りには、心を落ち着かせる作用があると注目を集めています。疲れたとき、ちょっと一息つきたいときは、香りがよく飲みやすいほうじ茶を淹れてみませんか。

当園は江戸時代から守ってきた自家茶園で育成から製造まで全て行い、丹精込めて仕上げたお茶を販売しています。東京・神奈川のマルシェに出店した際は、おいしいお茶の淹れ方をお伝えし、試飲の際にいただいた皆さんの声をなによりも大切にしています。

当園のお茶はマルシェだけではなく、オンラインショップでもご購入可能です。
深むし茶やほうじ茶、くき茶などを取り揃え、贈り物にも最適なギフトセットもご用意しました。
お茶を育てて300年、皆さまにおいしいお茶を届けるためにこれからも精進してまいります。

Copyright© 2014 静岡茶・金谷茶 まるさ佐京園 All Rights Reserved.