お茶について

pht_55

お茶の栽培から製品になるまでの緑茶の製造過程と、美味しい淹れ方のコツをご紹介します。
>>製造過程  >>おいしいお茶の淹れ方

製造過程 〜お茶ができるまで〜

製造過程[1]お茶刈り

乗用型摘採機(じょうようがた てきさいき)と言い、人が機械に乗って、お茶を摘むことが出来ます。新芽の部分のみをこの機械で摘みます。

生葉コンテナー[2]生葉コンテナー

摘み終わった生葉が、次の機械に入るまで、熱などによって蒸れないように、風をあてる機械です。少しずつ移動しながら、次の機械に入っていきます。

蒸し機[3]蒸し機

高温の蒸気で生葉が蒸されて、出てきたところです。蒸すことによって、青臭や悪臭が除去されます。

冷却機[4]冷却機

蒸されたあつあつの生葉をここで冷まします。機械が回転しながら、余分な蒸気も飛ばします。

粗揉機(ソジュウキ)1[5]粗揉機1(そじゅうき1)

機械の中で攪拌(かくはん)、揉圧して茶葉の水分を均一に蒸発させます。フォークみたいな形の物が中で回っています。

粗揉機(ソジュウキ)2[6]粗揉機2(そじゅうき2)

動きは上の粗揉機と同じですが、ここでさらに水分を蒸発させます。だいぶ最初と形が変わってきました。

粗揉念(ジュウネン)[7]揉念機(じゅうねんき)

茎や葉柄(ようへい)部分は、葉の部分と比べて乾燥しにくいので、ここで十分に揉んで、水分を出します。茶葉全体の水分を均一にして、形を整えます。

中揉(チュウジュウ)[8]中揉機(ちゅうじゅうき)

機械が回り、茶葉を軽く揉みながら、乾燥を進めていきます。

精揉(セイジュウ)[9]精揉機(せいじゅうき)

ここで茶葉を針状に整形します。この機械は、手揉みの要素を取り入れた巧妙な動きをするように構成されています。寄せたり回転したり、結構複雑な動きをします。

乾燥機[10]乾燥機

精揉を終えても、まだ水分を含んでいるため、さらに乾燥させます。これから乾燥機の中に入っていきます。

選別機[11]お茶刈り

機械が左右に動き、古葉や大きい茎、葉などを取り除いていきます。製品になるものは下に落ち、次の機械へ運ばれます。

合組機(ゴウグミキ)[12]合組機(ごうぐみき)

茶葉を均一に混ぜる機械です。

袋詰め[13]袋詰め

大海(だいかい)と呼ばれる袋に出来上がった茶葉を入れていきます。一袋30キロくらいあります。

完成[14]完成

これで荒茶(あらちゃ)が出来上がりました。ここからいろんな製品に仕上げていきます。

ドラム式火入れ機[15]ドラム式火入れ機

中で回転しながら、荒茶に火を入れていきます。製品によって、火を入れる時間を変えます。

仕上がり[16]仕上がり

製品が出来上がりました。これから袋詰めをして、お客様のもとへ届けられます。

おいしいお茶の淹れ方

初めに用意するもの(写真は3人分)[1]初めに用意するもの(写真は3人分)

左上から時計回りに…
・ポット(熱湯をやかんからポットに移し、お湯の温度を下げるために使います)
・急須(大きさや形などは、どんなものでも大丈夫です)
・茶葉(お好みの煎茶をご用意ください)
・人数分の湯のみ(ここではお客様用の物を使いました)

熱湯を冷まします[2]お湯を冷まします

沸騰したお湯をポットに入れて、少し温度を下げます。お湯をポットから人数分の湯のみに注ぎ、さらに冷まします。この作業には、必要な湯の量が確認できるのと湯のみを温める目的もあります。
※お湯の温度が高いと苦味が出てしまいますので、甘みを出すにはぬるめのお湯で淹れましょう。

茶葉を急須に入れる[3]茶葉を急須に入れます

お湯を冷ましている間、急須に茶葉を入れます。目安としては1人分が、ティースプーン軽く1杯くらいですが、 お好みで量を調節してください。ここでは3人分なので、ティースプーン3杯入れます。

お湯を急須に注ぐ[4]お湯を急須に注ぎます

湯のみが十分温まったら、お湯を急須に注ぎます。

じっくり待つ[5]じっくり待つ

時間でいうと1分~1分半くらい置いておくと、葉が開き、しっかりとお茶の味が出ます。これも好みによりますが…薄めのお茶が好きな方は、時間を短くしてください。

いよいよ注ぎます[6]いよいよ注ぎます

ひとつに一度に入れてしまうのではなく、少しずつ順番に入れていきます。こうすることにより、3つとも同じ濃さのお茶が入れられます。

いただきましょう[7]いただきましょう

おいしいお茶が入りました。自分の好きなお茶菓子とともに、思う存分味わってください。2煎目からは熱湯で淹れても、おいしくいただけます。

喜ばれる贈答品ならお茶を

当園では自家農園にて栽培から製造まで行なった新鮮なお茶を東京・神奈川のマルシェにて移動販売しています。お客さまに直接販売するお茶は、すべてその年に摘み取った新芽のみを使用した新茶です。また、移動販売の際には、お客さまにおいしいお茶の飲み方をお伝えしています。
当園では、贈り物に最適なギフトセットもご用意しています。喜ばれる贈答品をお探しの際は、ぜひ当園のお茶をご検討ください。お茶は健康によいとされる成分が豊富に含まれ、幅広い世代の方も安心してお飲みいただけます。

Copyright© 2014 静岡茶・金谷茶 まるさ佐京園 All Rights Reserved.